横浜市中区吉田町にある銅版画教室&銅版画工房

■■■初回体験開催中!!■■■

ホームページからお申込みされた方、初回の方限定でキャンペーンを開催中です。
時間を掛けて一つの作品が完成するまで丁寧に制作・摺りのご指導をさせていただきます。
是非この機会に銅版画に触れてみてはいかがでしょうか。

●●●概要●●●

・12cm×9cmの銅板一枚をご使用いただきます。
・用紙は、通常「本摺り」に使用されるハーネミューレ紙をご使用いただけます。

●●●体験料金●●●
¥1,000(版代、ハーネミューレ代含む)
・初回を含め二回までお越しいただけます。日程は要相談。

*上記のサイズ内のポストカードやイラスト、写真をご用意いただくと制作がスムーズに進められます。
*必ずお電話かメールでお問合せの上お越し下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【初回の作業の様子】

IMG_6448 IMG_6449
①エッチングが出来る様に版の下処理をします。初回体験では12cm×9cmの版をお使いいただきます。
 右の茶色い銅板が、グランドという防蝕液を塗った状態です。

IMG_6450 IMG_6451
②下絵を準備します。写真の様に実際の物を見て描いていただくのは勿論、写真やポストカード、イラスト
 をお持ちいただいても構いません。

IMG_6452 IMG_6454
③下絵が出来たらトレーシングペーパーにトレースします。トレース後版に転写する為裏を2Bの鉛筆で塗り
 潰していきます。

IMG_6456 IMG_6457
④鉛筆で塗り潰した面を版側にし赤いボールペンで再度描いた線をなぞっていきます。
 ポイント)版画なので出来上がった絵と実際にエッチングしていく絵柄は逆になります。注意して転写し
 ます。

IMG_6459 IMG_6460
⑤ニードルを使い描写していきます。一通り描写が終わったら腐蝕します。今回は20分腐蝕しました。
 エッチングの場合、腐蝕液に入れる時間が長ければ長いほど線が濃く太くなります。

IMG_6462 IMG_6465
⑥腐蝕が終わったらプリントクリーナーとリグロインでグランドを綺麗に落とします。

IMG_6466 IMG_6467

IMG_6468 IMG_6469
⑦摺りあがり。

IMG_6470
⑧続いて、アクアチントをします。白く残す部分(腐蝕しない部分)を止めニスを使って塗っていきます。

IMG_6473 IMG_6476
⑨粉末状にした松脂を巻きウォーマーで温めて版に定着させます。粉では白い状態ですが、熱する事によ
 って液体化し透明になります。

IMG_6478 IMG_6479
⑩松脂を定着させたら腐蝕をします。今回は3分間腐蝕をしました。腐蝕後アルコール、プリントクリーナ
 ー、リグロインで拭取ります。

IMG_6480 IMG_6481
⑪摺りあがり。

IMG_6483 IMG_6484
■エッチングのみとエッチング+アクアチント
 比べてみると、エッチング+アクアチントの方が作品としてまとまっている感じがします。

IMG_6486 IMG_6487
■カラー摺りのバリエーション
 カラーでも摺る事が出来ます。同じ版でもこれだけ違う表情を作る事が出来摺り方で楽しめるのも銅版画
 の魅力です。

以上が体験していただく内容です。ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。